ステアリン酸アスコルビル(ビタミンCステアレート)|化粧品の製造・開発・販売・企画提案ならベル・クール研究所

CONTACT

お電話からお問い合わせ

TEL.011-881-9666

TEL.011-881-9666

研究レポート

ステアリン酸アスコルビル(ビタミンCステアレート)

医薬部外品名称L-アスコルビン酸ステアリン酸エステルです。アスコルビン酸とステアリン酸を酸触媒下でエステル化することにより得られる油溶性のビタミンC誘導体です。白色の結晶性の粉末で、わずかに特異なにおいがあります。アスコルビン酸は生理作用があり、また抗酸化性もあることが知られているが、水溶性で、不安定であり酸性も強いです。ステアリン酸アスコルビルは油溶性であり、安定性も増しています。ビタミンC効果と油脂類に対する抗酸化性作用を目的として、化粧品ではクリームそのほか油性の製品に用いられます。