ものづくりへの想い

OEM化粧品の製造・開発・販売ベル・クール研究所

「本当の美」とは、
外面・内面・精神面の
「三面美容」

ベル・クール研究所のマークは、女性の本当の「美」を表現しています。日々のケアで外面だけ磨いても、本当の美しさは現れません。
内面的にも、そして精神的な面も磨いていく事で、魅力的な本当の美しさが現れてくるのです。それを、「三面美容」といいます。
その、「三面美容」の【内面・外面・精神面の「美」】を表現したマークが、ベル・クールマークなのです。

ものづくりへの想い

私たちは30年以上に渡りオーガニック化粧品やオーダー化粧品の研究・開発に努めてきました。
こんなにもAIや機械が発展している中、なぜ私たちが小ロットでも受注し、化粧品を手作りで作り続けるかと言うと、
化粧品は「生モノ」と一緒だと考えており、新鮮な状態で肌に触れて頂きたいからです。

例えば、防腐剤無添加の化粧品を大量に製造した時に、お客様の手元に届いた時は何日経っているでしょうか。
成分が壊れやすいビタミンCを配合する際に、効果が半減すると分かっているのに、機械で製造を行うでしょうか。
人が使うモノは人が作る「安心・安全・高品質」を全てのお客様に届けたい。
そんな思いで最高品質の化粧品を製造しています。

ベル・クール研究所のこだわり
ベル・クール研究所の起こり

1977年頃、日本では「※1 女子顔面黒皮症」と言われる化粧品被害が
問題化していました。当時、サプリメントの研究をしていた、ベル・
クール研究所創業者である柴田昌之は、「人の肌に使用するものは、
絶対に安全なものでなければならない」「きれいになるホンモノの化
粧品を社会に提供しなければならない」「私利私欲だけではいけない」
その思いから、フランス語で「美しい心」を意味する「ベル・クール」
を社名としました。

「女子顔面黒皮症」とは?

炎症性色素沈着の一種で、化粧品などによる接触皮膚炎によって、顔面に黒褐色の強い色素沈着が現われたものです。
1977年、18名の女性が、大手7社の化粧品メーカーに対して、賠償を求める裁判を起こした「化粧品公害裁判」で、有名になった症状です。「女子顔面黒皮症」は、いきなり黒くはならず、時間をかけてシミが広がっていき、最終的に黒くなってしまうのが特徴です。初めは、なんとなく赤みを帯び、ほてりや痒みを感じる程度なのです。顔がふくらむような感覚を覚える事もあります。そのうち顔に、濃褐色から紫褐色のシミが出てきて、網目状に広がっていくのです。

そして、その網目に広がった部分が、入れ墨をしたように黒くなってしまうのです。黒皮症の特色は、増加したメラニン色素が、真皮にまで沈着してしまう事です。そうなると、なかなか回復できません。色素沈着が取れるまで数年かかる場合もあります。または、取れない場合も・・・原因物質は、タール系色素の赤色219号、ズダン、ジャスミン油、パラベンなどとも言われています。

閉じる
OEM化粧品ブラッククリアクレンジング

新鮮であること、
合成防腐剤無添加への取り組み

私たちベル・クール研究所は、美しいお肌を守るために、有害な物質の排除に日々努力しています。

素材は新鮮なものを

化粧品は料理と同じで、作った直後が最も鮮度が良い状態です。作りたての化粧品は、最も効果を発揮します。化粧品は時間が経つことによって酸化を始めていきます。その酸化によって私たちのお肌を傷め、シミ・シワ・老化肌へと進めていく事になります。「新鮮であること」それが、お肌をキレイに保つということなのです。

無添加素材

お肌に悪い合成防腐剤・抗酸化剤
香料などは使用しないこと

合成防腐剤や抗酸化剤など、お肌によくない成分は配合しないほうが良いのですが、化粧品を長持ちさせるためには必要だと言われています。しかし、自然や天然からとれる植物性・鉱物性の天然防腐剤もあります。防腐期間は短いのですが、お肌にやさしい安全な化粧品を作る事が出来ます。

合成防腐剤・抗酸化剤不使用

最も悪い合成物質の代表

合成界面活性剤

一般の化粧品は「パラベン」(またはフェノキシエタノールなど)と言われる合成防腐剤を使用し、2年、3年経っても腐敗する事はありませんが、このような合成防腐剤は皮膚にとっては大敵であり、自己の皮膚を守ろうとしてお肌は固く厚くなり、シミ、シワの原因を作っていきます。長く使用することによって、化粧品で皮膚を傷めてしまうことにもなりかねません。他にも、乳化剤として合成界面活性剤が使用されている化粧品は、バリアゾーンを破り化学物質を侵入しやすくしたり、皮膚から吸収され体内に悪影響を及ぼしたりします。

防腐殺菌剤

防腐剤や殺菌剤は、化粧品の腐敗や色々な菌の発生を防ぐものですが、この防腐剤、殺菌剤が皮膚に刺激を与え、また皮膚バリアを守っている常在菌を滅らす原因になります。
皮膚バリアが弱ってくると、お肌は乾燥し硬くなってきます。これが老化肌を招き、シミ・シワを導きます。

シリコン

シリコンは、べたつきがなく軽い使用感触を有しています。毛髪や皮膚上での拡がりに優れていること、無刺激で毒性が無いなどの特性を持っています。シリコンは無色透明で、皮膚上に膜を作って皮膚呼吸を阻害したり、毛穴へ入り込んで毛穴を詰まらせたりします。シリコンは化学合成品で天然のものはありませんが、代替品として海草類を一部使用しています。

酸化防止剤

化粧品の油分と酸素が化合して有害物質を作ります。その酸素との化合を防止する為に添加されるのが酸化防止剤です。主にクリームや乳液、エッセンス、トリートメントリンスなどに使用されます。合成の酸化防止剤の代表がBHA(ブチルヒドロキシアニソール)BHT(ブチルヒドロキシトルエン)、その他DHT、NDG、アルファザンなどが使用されています。これらは皮膚刺激(アレルギー乾燥肌、シミ、シワ、肌の老化)を招き、最悪の場合は黒皮症になることがわかっています。

香料

香料は化粧品に必要なものですが、合成香料はもちろん天然香料(精油)でも、精製が純粋でないものは危険性があります。特に香りの強いものほど注意が必要です。合成香料や、精製が悪い天然香料は、有力なアレルギー原です。皮膚炎・シミ・シワ・乾燥肌を招いたり、皮膚の色が黒くなっていきます。

職人による「手作り化粧品」

一般的なレストランや菓子店の中でも評判の良いお店には必ずシェフ
やパティシエと呼ばれるその道のベテランがいます。彼らの経験と拘
りこそが美味しいものを作っているのです。

化粧品業界にもこれと同じことが言えます。
化粧品の原料とは料理で言えば材料であり、感触や香りなどは料理で
言えば味と置き換えることができます。これらの選択や工夫など、そ
の極意によって、彼らは名シェフや名パティシエと呼ばれるのです。

残念なことに、化粧品業界は機械作りが一般的になっており、手作り
で作っている会社はあまり見かけません。何故なら、手作り化粧品は
機械作りに比べて数倍のコストがかかるからです。また手作り化粧品を作る技術者達は、その
知識や技術を数10年もの年月をかけて学びます。しかし、そうした長い経験があるからこそ、
規格通りの機械作りとは違い、何回も温度を与えたり冷やしたり、混ぜる回転速度を加減した
り、仕上がりを見ながら調整を行うことができるのです。

また、人の感覚で作ることにより製造しながらお肌に対するテクスチャーが感じ取れるのも大
きな利点です。技術者は皮膚の実態を知り尽くしていますから、安心安全で高品位の化粧品を
作ることができます。パティシエやシェフがお客様の好みの味を知っているから評判が良いの
と同じことなのです。

徹底した衛生管理
こだわった素材と原料