カルノシンについて|化粧品の製造・開発・販売・企画提案ならベル・クール研究所

CONTACT

お電話からお問い合わせ

TEL.011-881-9666

TEL.011-881-9666

研究レポート

カルノシンについて

カルノシンは、体内に存在するジペプチドの一つで、抗糖化作用を持つ成分です。

カルノシンが、皮膚のタンパク質のかわりに糖と結合するので、真皮のコラーゲンやエラスチン繊維を糖化から守ります。

糖化を抑えることで、皮膚の弾力を保持・増加する、シワやほうれい線を減少する、酸化ストレスによる老化から肌細胞を保護するなど、お肌のアンチエイジングに適しています。