加水分解シルクについて|化粧品の製造・開発・販売・企画提案ならベル・クール研究所

CONTACT

お電話からお問い合わせ

TEL.011-881-9666

TEL.011-881-9666

研究レポート

加水分解シルクについて

蚕の絹繊維を構成するタンパク質フィブロインを酸、アルカリまたはタンパク分解酵素の下で加水分解して得られる可溶性タンパク質の水またはエタノール溶液です。

グリシン、アラニン、セリンが特に多く含まれており、コラーゲンやケラチンなどの加水分解とはやや異なります。

多くのタンパク加水分解物に比べて吸湿性は少ないが、皮膚や毛髪に対する吸着性や浸透性に優れているので、良好な保湿効果が期待できる。

また、チロシナーゼの活性抑制作用があり、メラニン色素お生産を抑える美白効果もあります。

さらに、乾燥や紫外線なその外部ストレスを受けた皮膚のバリア機能低下や乾燥を予防するなど、幅広い効果が期待できます。