株式会社ベル・クール研究所 HOME > 当社のこだわり

ベル・クール研究所のこだわり

新鮮であること

化粧品は料理と同じで、作ってすぐが一番効果を発揮します。化粧品は時間が経つことによって酸化を始めていきます。その酸化によって私たちのお肌を傷め、シミ・シワ・老化肌へと進めていく事になります。「新鮮であること」 それが、お肌をキレイに保つということなのです。

合成防腐剤は無添加が理想

合成防腐剤や抗酸化剤など、お肌によくない成分は配合しないほうが良いのですが、化粧品を長持ちさせるためには必要だと言われています。しかし、自然や天然からとれる植物性・鉱物性の天然防腐剤もあります。防腐期間は短いのですが、お肌にやさしい安全な化粧品を作る事が出来ます。

お肌に悪い合成防腐剤、抗酸化剤、香料などは使用しないこと

一般の化粧品は「パラベン」(またはフェノキシエタノールなど)と言われる合成防腐剤を使用し、2年、3年経っても腐敗する事はありませんが、このような合成防腐剤は皮膚にとっては大敵であり、自己の皮膚を守ろうとしてお肌は固く厚くなり、シミ、シワの原因を作っていきます。
長く使用することによって、化粧品で皮膚を傷めてしまうことにもなりかねません。
他にも、乳化剤として合成界面活性剤が使用されている化粧品は、バリアゾーンを破り化学物質を侵入しやすくしたり、皮膚から吸収され体内に悪影響を及ぼしたりします。
美しいお肌を守るために、私たちベル・クール研究所は、お肌に悪い物質の排除に日々努力しています。

最も悪い合成界面活性剤

[ 合成界面活性剤 ]

一般の化粧品は「パラベン」(またはフェノキシエタノールなど)と言われる合成防腐剤を使用し、2年、3年経っても腐敗する事はありませんが、このような合成防腐剤は皮膚にとっては大敵であり、自己の皮膚を守ろうとしてお肌は固く厚くなり、シミ、シワの原因を作っていきます。
長く使用することによって、化粧品で皮膚を傷めてしまうことにもなりかねません。
他にも、乳化剤として合成界面活性剤が使用されている化粧品は、バリアゾーンを破り化学物質を侵入しやすくしたり、皮膚から吸収され体内に悪影響を及ぼしたりします。
美しいお肌を守るために、私たちベル・クール研究所は、お肌に悪い物質の排除に日々努力しています。

[ 防腐殺菌剤 ]

防腐剤や殺菌剤は化粧品の腐敗や、色々な菌の発生を防ぐものですが、この防腐剤、殺菌剤が皮膚に刺激を与え、また皮膚バリアを守っている常在菌を滅らす原因になります。
皮膚バリアが弱ってくると、お肌は乾燥し硬くなってきます。これが老化肌を招き、シミ・シワを導きます。

[ シリコン ]

シリコンはべたつきがなく軽い使用感触を有しています。
毛髪や皮膚上での拡がりに優れていること、無刺激で毒性が無いなどの特性を持っています。
シリコンは無色透明で、皮膚上に膜を作って皮膚呼吸を阻害したり、毛穴へ入り込んで毛穴を詰まらせたりします。
シリコンは化学合成品で天然のものはありませんが、代替品として海草類を一部使用しています。

[ 酸化防止剤 ]

化粧品の油分と酸素が化合して有害物質を作ります。その酸素との化合を防止する為に添加されるのが酸化防止剤です。
主にクリームや乳液、エッセンス、トリートメントリンスなどに使用されます。合成の酸化防止剤の代表がBHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)、その他DHT、NDG、アルファザンなどが使用されています。
これらは皮膚刺激(アレルギー乾燥肌、シミ、シワ、肌の老化)を招き、最悪の場合は黒皮症になることがわかっています。

[ 香料 ]

香料は化粧品に必要なものですが、合成香料はもちろん天然香料(精油)でも、精製が純粋でないものは危険性があります。特に香りの強いものほど注意が必要です。
合成香料や精製が悪い天然香料は、有力なアレルギー原です。皮膚炎・シミ・シワ・乾燥肌を招いたり、皮膚の色が黒くなっていきます。

合成防腐剤は無添加が理想

一般の化粧品は「パラベン」(またはフェノキシエタノールなど)と言われる合成防腐剤を使用し、2年、3年経っても腐敗する事はありませんが、このような合成防腐剤は皮膚にとっては大敵であり、自己の皮膚を守ろうとしてお肌は固く厚くなり、シミ、シワの原因を作っていきます。
長く使用することによって、化粧品で皮膚を傷めてしまうことにもなりかねません。
他にも、乳化剤として合成界面活性剤が使用されている化粧品は、バリアゾーンを破り化学物質を侵入しやすくしたり、皮膚から吸収され体内に悪影響を及ぼしたりします。
美しいお肌を守るために、私たちベル・クール研究所は、お肌に悪い物質の排除に日々努力しています。