株式会社ベル・クール研究所 HOME > 当社のこだわり > ベル・クール研究所の起こり

ベル・クール研究所の起こり

1977年日本では、女子顔面黒皮症といわれる化粧品被害が問題化していました。
当時、サプリメントの研究をしていた、現ベル・クール研究所代表柴田昌之は、人の肌に使用するものは、絶対に安全なものでなければならない。
また、きれいになるホンモノの化粧品を社会に提供しなければならない。
私利私欲だけではいけない。その思いから、美しい心(ベル・クール)を社名に付けました。

女子顔面黒皮症とは

炎症性色素沈着の一種です。
1977年18名の女性が、大手7社の化粧品メーカーに対して、賠償を求める裁判を起こした「化粧品公害裁判」で、有名になった症状です。化粧品などによる接触皮膚炎によって、顔面に黒褐色の強い色素沈着が現われたものです。
けれども初めから黒くはならないのが特徴です。
初めは、なんとなく赤みを帯び、ほてりや痒みを感じる程度なのです。
顔がふくらむような感覚を覚える事もあります。そのうち顔に、濃褐色から紫褐色のシミが出てきて、網目状に広がっていくのです。
そして、その網目に広がった部分が、入れ墨をしたように黒くなってしまうのです。
黒皮症の特色は、増加したメラニン色素が、真皮にまで沈着してしまう事です。
そうなると、なかなか回復できません。色素沈着が取れるまで数年かかる場合もあります。
または、取れない場合も・・・。
原因物質は、タール系色素の赤色219号、ズダン、ジャスミン油、パラベンなどとも
言われています。