株式会社ベル・クール研究所 HOME > 超音波美顔器

超音波美顔器

日本特許取得 特許第5101671号

超音波とは

1秒間に200万回の振動が可能です。また、液体や柔らかい固体には良く伝わりますが、気体や硬い固体には伝わりにくい性質を持っています。

使用方法

工程① ローションやジェル、クリームを肌に塗布し、スカルパをかけます。
ローションなどを塗布した後、リンパの流れに沿ってなでるようにスカルパをかけていきます。スカルパのモードは、基本的に弱の状態(Lo)で施術をします。使用時間は3~10分を目安としてください。
※注 使用感が感じられない方は、強の状態(Hi)にして使用してください。
工程② スカルパをパルスモードにし、本体を裏返して上からかけます。
皮膚の上にローションやジェルが残っていればそのままでも構いませんが、重ね塗りをしたりエッセンスを塗布すると良いです。
超音波の作用
毛髪密度の増加、毛髪弾性(ハリ・コシ)が整う、ヘアーサイクルを整える、キャビテーション現象により皮膚の作用を整えるといったことがあります。