株式会社ベル・クール研究所 HOME > 使う前に要チェック!肌と化粧品の相性診断

使う前に要チェック!肌と化粧品の相性診断

世界にはたくさん化粧品が存在するように、化粧品の原料や成分にも、非常に多くの種類があります。それぞれに合う成分を探すのは非常に困難ですが、化粧品の形態などはある程度選ぶ必要があります。できれば、裏ラベルに記載されている成分を見て自分に合った化粧品を選んでいけたらベストです。 このページでは、基礎化粧品の簡単な説明と一緒に、今使っている化粧品とその使い方を一度見直していただければと思います。

クレンジング(オイルクレンジング・ジェルクレンジング・クレンジングクリーム・クレンジングウォーターなど)
メイクや油性の汚れを落とす化粧品です。形状により様々な特徴があります。
油性成分を落とすものであるため、基本的には油分が多い形状であればあるほど落ちは良くなります。最も落ちが良いのはオイルクレンジングですが、皮脂などの必要な油分も落としてしまうことで乾燥する可能性があります。(すぐにケアすれば問題はありません)また、クレンジングクリームにも同様のことが言えますが、クリーム状であればオイル程油分を取りすぎる心配は薄いと言えます。
ジェルクレンジングとクレンジングウォーターは水溶性のクレンジングです。ジェルクレンジングには油性成分が含まれています。油性のクレンジングより肌への負担が少ないのが特徴ですが、内容によってはハードメイクに適していない場合もあります。
クレンジングを使用する際、馴染ませる際に軽くマッサージをするのは良いことですが、あくまでクレンジングはメイクや皮脂を落とす為のものですので、長時間のマッサージは効果的であるとは言えません。皮脂の取り過ぎや刺激の原因になる可能性がございます。
洗顔料(固形石鹸・クリーム状石鹸・ホイップソープなど)
主に水溶性・油性の汚れを落とす化粧品です。形状により様々な特徴があります。
まず固形石鹸には機械練りの白石鹸と、枠練りの透明石鹸(化粧石鹸)があり、製造方法上、透明石鹸の方が有効成分を多く配合できます。固形石鹸の特徴としては、劣化しにくいことなどがあります。
クリーム状石鹸は油性成分が多く、洗い上がりの感触をしっとりとさせやすいのが特徴です。
ホイップソープは、特殊な容器を使用することで少ない界面活性剤で密度が高く柔らかい泡が簡単に作れます。
洗顔で気を付ける事として、マッサージのしすぎということがよくあります。力を入れすぎたり、何度もマッサージを続けていると、皮丘が擦れていき皮脂の流れやすい肌になったり、刺激から炎症の原因となる場合もございます。
つまり、よく泡立てて刺激を与えないように洗顔するのが良いと言えますが、泡立ちが良い洗顔には界面活性剤が多く配合されていることがあります。そのため、たかが洗顔と侮らず、よく選ぶことが大事です。
化粧水(ローション)
主に保湿を目的として使用される、水溶性の基礎化粧品です。最も基本的な化粧品であり、広い場面で使用できますが、洗顔後や入浴後の他、水分が足りずに乾燥している方に特に適しています。
重要な点として、水溶性の成分は基本的に角質層(表皮の最も上の部分)までしか浸透しないということがあります。そのため、外部からの保湿には適していますが、より内部から作用させたい場合には油性の化粧品を使用する方が良いと言えます。
また、殺菌・抗菌作用のある成分を配合することでニキビの原因であるアクネ菌に対する化粧水や、酸性にすることでアレルギー向けの化粧水などもあります。
美容液(エッセンス)
主に保湿や美白を目的として使用される、水溶性の基礎化粧品です。多くの場合は、化粧水に含まれている有効成分の含有量を増やしたり、高分子を増やすことでよりしっとりと保湿ができるようにしたものが多いです。分子量の小さい成分は基底層まで浸透しますが、水溶性化粧品の大半は皮膚の表面に働きかけるものであると言えます。
水溶性の化粧品の特徴は、油性のものに比べて感触がさっぱりしているということがあると思いますが、しっかりと乾かない内にジェルやクリームなどを塗ってしまうと高分子成分が塊となって出てきてしまうことがあります。
クリーム
幅広い用途で用いられる、油性の基礎化粧品です。油性成分は皮膚との馴染みが良く、また水溶性成分と違いバリアゾーンを越えて表皮の奥まで浸透します。そのため、抗シミ成分や抗シワ成分と相性が良く、また内側から保湿をする成分とも相性が良いです。そういった意味では、最も効果が実感しやすい化粧品と言えるかもしれません。
しかし、皮膚の“てかり”がある方(細胞間資質が多い方)はクリームの乗りが悪いため、水溶性の化粧品を下地にし、その上からクリームを塗るのがより良い使い方です。
使用する際はマッサージをしながら塗布することが可能ですが、皮膚に水分が多量に残っている状態などで強く擦りますと、高分子成分が塊となることがあります。
ジェル
高分子たんぱく質をアルカリで中和して作ります。水溶性でありながらとろみがあり、水分を抱え込んでベタつかずに保湿します。この皮膚の表面に膜を張るって保水できるのが大きな特徴であり、クリームに比べるとさっぱりとした感触のものが作りやすいです。
効能への期待度はクリームに及びませんが、応用として界面活性剤と一緒に油性の有効成分を配合することもできます。
ジェルもクリームと同様、塗布量が多かったり強く擦ったりすることで、高分子成分が塊になることがあります。
化粧油
フェイシャルケア用のオイルです。ベースとなるオイルに、油性成分や精油を配合して製造します。
クリームと同様、油性成分がメインとなるため成分を浸透させることができます。水溶性の化粧品と一緒に使用する場合は、化粧水、美容液を使用し、乾いたあとに使用するのが望ましいです。化粧油を塗布したあとに何か付ける場合は、クリームを使います。
乳液
化粧水と化粧油の中間的な位置付けの基礎化粧品です。油をそのまま塗ると人によっては少し負担がありますので、水分を加えることで乳液にします。
油性ですので表皮の奥まで成分を浸透させることができる上、水分もあり感触がさっぱりしており、ローションのような使い心地です。
パック(ジェル・クリームなど)
大きく分けると、保湿をしながら有効成分を浸透させるものと、その他の用途のものとで2種類のタイプがあります。
前者はクリームジャーやチューブに入ったものと、シートマスクと呼ばれる液体にマスクが浸っているものがあります。どちらも目的や作用は大きく変わりませんが、シートマスクの方が手軽で使いやすいという評判もあります。多くのものは、10分~20分程した後に洗い流し、化粧水や美容液で更にケアするという使い方です。
その他の用途のものとして、抗炎症成分を多く配合した鎮静パックや、ピーリング用のパックがございますが、基本的な使い方としては同じです。
化粧下地、UVクリーム
化粧下地の役目は大きく分けて二つあり、一つはメイクアップ用品を使用する前に塗布し、後に載せる化粧品の為のベースを作ることです。もう一つは、肌の上に載せておくことで、紫外線から肌を守ることです。
紫外線から皮膚を守る為に、「紫外線吸収剤」と呼ばれるものや「紫外線散乱剤」と呼ばれるものが配合されていますが、それらの多くは皮膚に刺激やダメージを与えるものであるため、長時間肌の上に載せておくことは避けた方がいいと言えます。役目が終わったら必ずクレンジングで洗い流して下さい。
また、SPFとはSun Protection Factorの略であり、どの程度紫外線を防ぐことができるのかを数値化したものであり、日本では現在50までの表示が認められています。しかし、20前後の値があれば防御率はほぼ最大まで達する為、それ以上の数値は防ぐ時間が長いということの目安程度にしかなりません。日本人の肌は元々紫外線に強い傾向を持っている為、「高いSPF値=肌に良い」ということではありません。